iPhoneの電池を長持ちさせる充電の仕方って?コツは20%~80%を保つこと

最近iPhone電池の減りが早いな、と感じることはありませんか?iPhoneは使い方で電池の寿命が短くなり、頻繁に充電が必要になります。ここではiPhoneの電池を長持ちさせる充電の仕方や、電池を長持ちさせるアプリなどを探してみました。ちょっとしたことですが、実行してくださいね。

iPhoneの電池の減りが早い時に確認したいこと

充電し過ぎていないか

夜は充電したまま寝てしまう人がいますが、電池が100%になっているのに充電をし続けると電池が消耗します。どんなアプリを使っても、弱った電池を何とかすることはできませんので、そもそも弱らせない使い方をしましょう。そのために充電は100%になる前にやめます。ずっと100%のままでは過充電です。

画面が明るすぎないか

戸外で見たいので画面を明るくしていて、そのままどこでも使う人がいますが、室内ではそれほどの明るさは必要ありません。

いつでも最大に明るくしている人は、それがバッテリー消費に繋がっていることを自覚して、場所によっては下げるとか、普段の輝度を下げてみるとバッテリーの長持ちに繋がります。

使わない機能がオンになっていないか

Wi-Fiが無い場所でのWi-Fi電波探しにはバッテリーを使います。また、頻繁にデータをチェックする位置情報サービスやiCloudなどがオンになっていると電池の減りが早くなります。バックグラウンドで動いているアプリをチェックして、必要がないものは無理のない範囲でオフにしましょう。

アプリの中には別の本来の目的の他に使われているものもあります。例えばiCloudがオンになっていると落とした時にiPhoneを探せます。そのアプリをオフにしていいかどうかはご自分の状況に合わせて選びましょう。

iPhoneの電池を長持ちさせるアプリ

キングソフトのBattery Saver

電池残量の表示や急速充電、通常充電、トリクル充電の3パターンで充電モードが選べるアプリです。トリクル充電というのは弱い電流で充電することで時間はかかりますが、充電池を傷めない充電方法です。

メモリ開放で電池長持ち

また、このアプリは充電モードを選べるだけでなく動いていないアプリを終了してメモリを開放してくれます。使われていないアプリを開放することで電池の減りを減らせるのです。

アプリ一覧表示で電池消費を確認

それから、現在動いているアプリを一覧表示して、どのアプリがどのくらい電池を消費するかが分かるようになります。電池がない時にはどのアプリを止めたら長持ちさせることができるか、非常に分かりやすいアプリです。

電池残量の他にお天気まで

電池残量と充電完了までの時間が見やすく表示されます。その他にいつ・どのくらい充電したかのカレンダーなどの機能がついています。

バッテリーマニアとlAssistant

キングソフトのBattery Saverの他に、 Shanghai Youfu Internet Technology Co., Ltd.のバッテリーマニア、 Jian Hui YeのlAssistantも利用者からの評価の高いアプリです。いずれも電池残量を教え、どのアプリが電力を食っているか教え、メモリを開放します。充電が完了するとお知らせしますので、過充電に気をつけられます。

iPhoneの電池を長持ちさせる設定

画面の明るさ

画面をとても明るくしておくと電池の減りが早くなります。画面の明るさは必要最低限にセットしておきましょう。「明るい戸外で歩きながらゲーム」などという使い方をしなければ、室内でセットした明るさで十分です。明るさの自動調節はオフにしておきましょう。

Wi-Fi設定

Wi-FiがないところでWi-Fi電波を探すのは電池を消耗します。Wi-Fiがない所に行くことが多ければWi-Fiの自動接続は切っておいても良いかも知れませんね。

ただし、Wi-Fiが確保できる場所ではWi-Fiをオンにしておいた方が電池の減りは少なくてすみます。携帯電話ネットワークよりWi-Fiの方が電池が長持ちするからです。

アプリの自動更新を止める

バックグラウンドで自動的にアップデートされるアプリを止めると電池の減りが抑えられます。常に更新をチェックする状態は電池を使うのです。常に最新でないと困るアプリ以外は、手動でアップデートを確認しましょう。切っても差支えのないアプリか確認してから切りましょう。

iPhoneの電池を長持ちさせる小ワザ

電池残量は20%から80%の間が良い

電池残量が100%になっていた方が良いように感じますが、100%では過充電です。また20%を下回ると過放電の状態になります。

iPhoneの長持ちする充電の仕方はつぎ足し充電です。電池は空にしなくても良いので、20%を下限の目安に充電をします。80%以上になったらそこで充電をやめても大丈夫なので、100%になっても充電したままにしておくのは止めましょう。

ソフトウェアは最新に

iOSなどのソフトウェアは最新にしておきます。自宅などの安定した安全なWi-Fiがある場所でアップデートの確認とインストールをしましょう。外出先でアップデートが始まると電波の良くない状態で時間をかけてデータを受信し、電池を消費してしまいます。

低電力モードを活用する

低電力モードはiOS9から追加された機能です。低電力モードにするとディスプレイの明るさを下げ、アニメーションを減らし、iCloudとの連携などの電池を多く使う機能をオフにします。

機内モードを使う

電波が悪い場所ではiPhoneは電波を探して電力を消費します。圏外や低電波の状態にいる時には「機内モード」にして電池を長持ちさせましょう。

バッテリーは高温を避ける

バッテリーを高温にすると劣化します。日の当たる場所に置きっぱなしにしたり、車の中に放置したりはやめましょう。また、充電しながら使用するのも本体の温度が上がるので、できるだけしない方が良いでしょう。


[PR]
by yllphets | 2017-08-25 16:24 | news | Comments(0)